スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えーーーーっ?!

やばいです。HDDの残りが、あと5時間しかありません。
えつこです。1テラのはずなのに...


リスナー 心を読む青い瞳 


びっくりした。
先週ので最終回だったなんて。
終わってたのに1週間気付かなかったなんて。
こんなのはじめて。
ある意味斬新。
あー、全然わかんなかったわぁ
つづきがあるといいなぁ

とりあえず、毎週予約はずさなくちゃ。

スポンサーサイト

つづきですよ

ネット、やっとつながりましたー 
えつこです。
テンプレートも変えてみた♪
そしたら色々無くなった...(汗)
そして、久し振りすぎていろいろいじってたら、肝心の記事を書いてなかった。
ははは。



リスナー 心を読む青い瞳 13話


12話のつづきだった。
なに?もう終わりそうなの?
あと何話あるかな?
それにしても、おじいちゃんの記憶がなくなっててもどかしーよー


夢中です!

すっかりほったらかしです。 
思い出したように書き込んでおります。
ははは。

さてさて、今夢中になっているのはこちら!

雪だるま ~Snow Love~ DVD-BOX雪だるま ~Snow Love~ DVD-BOX
(2006/02/10)
コン・ヒョジンチョ・ジェヒョン

商品詳細を見る



韓流ですよ。韓流。
遅ればせながら、ついに私のとこにもやってきました。韓流ブームが。
今、サンテレビさんで、月~木 13:00-14:00の1時間放送してます。
ほぼ毎日1時間って、はじめは見るのも大変だったけど、
今じゃ放送の無い金曜日が物足りない位。
新番組だったから何気に見出したけど、今じゃ毎日晩御飯食べながら、泣きながら観てますよ。

なによりも、キム・レウォンくんにしびれてます
彼はステキングです。 うっとりです。 うふ。
コン・ヒョジンさん(ちゃん?)の演技もいい!
ちょっと映像が古いっぽいけど、そんな事が気にならないくらい。
おススメです!!

それにしても、ホント見事にすっかりハマりまくってます。
どんだけ見事かって、韓国語を真剣に勉強しだしてますから。はい。
2年後にはペラペラになってやる! って勢いで。
実は...、ペラペラになって、韓国の小劇場の舞台を観に行きたいのー!
韓国ってすごく小劇場が盛んで面白いって、どっかで聞いたよ。
誰か観た人いるかな? 
韓国の役者さんはみんな舞台役者みたいに演技が大きいんだもん。
テレビであんだけ迫力満点な演技、小劇場で観てみたいよーーー
頑張るぞー

あ~、韓国人の友達欲しいなぁ。

ジゴちゃん復活?!

無料動画のGYAOさんからメールが来るんですけど、
さっき、たまたま来てたのを見てビックリしました!

GYAOさんで、ジゴちゃんゴイゴイさんの番組をやるっていうじゃないですかっ!!

その名も全国的ローカル情報番組 「溜池Now」

もう、慌ててクリッククリックですよ。

とりあえず、何が起こるか見てみてください。

あっ、でももしかしたら、見るのにGYAOさんの登録とかいるかもしれないです...

でも、価値ありです!

本気のジゴちゃん&ゴイゴイさんファンには「はぁ?!」かもですが、

くだらない系が好きな方にはおススメです!

じゃじゃじゃぁ、ネタバレいきますよぉ~





続きを読む »

トップ・ランナー ~リリー・フランキーさん~

トップ・ランナーは、先日阿部サダヲさんを見てから、毎回チェックしておりますよ。

本日はリリー・フランキーさん。
いやぁ~、リリーさんめっちゃ素敵でした♪

私の中のリリーさん情報といえば、
●「水10」で隅っこに座って時々しか喋らない、「業界の人」って感じの方。
●ベストセラー『東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~』の著者。
  (鈴井貴之編集長 大泉洋が出た頃一緒に平積みになってたけど、
黒木瞳さん&岡田君の映画「東京タワー」の原作だと勘違いしてた!)

...って感じでした。
でも、「水10」での≪普通のおじさん≫っぷりと、電車の中じゃ読んじゃいけないくらい
≪読者を号泣させるベストセラー作家≫っていうのが、今日やっとつながった気がします。

オカンが大好きで、見送られるのが嫌いなさみしがり屋さん。
とっても才能あふれる方なのに、身近に感じちゃう。
そして、TV越しなのに、見ていてなんともいえない安心感を感じる方でした。
リリーさんみたいな友達か彼氏か旦那様がいてくれるといいなぁ。

なんだかね、ちょっと洋ちゃんのよう。(子猫贔屓目)
洋ちゃんも、もっともっと色々な経験をして、年を重ねていったら、
リリーさんのように、落ち着いてるけどおもしろい大人の男の人になるんだろうなぁ~
なぁんて思いました。
是非とも『東京タワー』は読まなくちゃ♪


ちなみに、2月9日(木)24:00から再放送があるそうですよ。



【 リリーさんの本 】
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~


おでんくん―あなたの夢はなんですかの巻
おでんくん―あなたの夢はなんですかの巻
リリー・フランキー


女子の生きざま
女子の生きざま
リリー・フランキー


増量・誰も知らない名言集
増量・誰も知らない名言集
リリー・フランキー


ボロボロになった人へ
ボロボロになった人へ
リリー・フランキー


小さなスナック
小さなスナック
ナンシー関, リリー・フランキー


美女と野球
美女と野球
リリー・フランキー


sakusakuDVD発売

saku saku Ver.2.0 ヴィンの復習
saku saku Ver.2.0 ヴィンの復習

久し振りに話題に登場するsakusakuさんです。
番組自体は毎週ちぇっくしてますよ~
さら~っとですが... (⌒_⌒;

そんなこんなで、今日HDDの整理をしていたら気付いたんです。
こんな大事なニュースまでも「さら~」っと流してたんだと、今ちょっこしびっくりしております。

出ますよぉ~ ヴィンの復習が~

「復讐」じゃなくて「復習」なのがいいねぇ~
それにしても、やっぱりジゴちゃんのころのは、もうお蔵入りなのね。
見てないのがたくさんあるから、いつかなんとかDVD化してくれるといいな。

ちなみにsakusakuさんもCUEさんと同じアミューズなのね。
だからこんなにDVD出るの早いのかな?
じゃじゃじゃじゃ、案外ジゴちゃんの頃のもなんとかしてくれたりするかもね。
ゴイゴイさんのお姿を見たいファンも、ジゴちゃんファンもまだまだ多いもんね。
頼みますよ。アミューズさん。
皆さんの見たいものをじゃんじゃんDVDにして下さい!
どうぞ、よろしく~ (⌒▽⌒)


【 1枚目はこちら↓ 】
saku saku Ver.1.0
saku saku Ver.1.0


【カエラちゃんの新曲はこちら↓】
You
You
試聴ありです♪


【 本もありました↓ 】
コンティニュー vol.20
コンティニュー vol.20

コンティニュー (Vol.23)
コンティニュー (Vol.23)

わ、忘れてた

昨日、『出雲の阿国』を録画するのを忘れていました!

しまったっ!!

...と、こんな時は、NHKさんのHPで予告を見てがまんします。

来週のはしっかり録画予約しました。

しかも、毎週で!

...ま、気合い入れて見てるわけではないんですが、

やっぱり気になってしまいます。

ちらっとしか出ないけれど、我が故郷・出雲弁の全国放送ですから。

ままま、とりあえずチェックしますよぉ~


ちなみに、来週の金スマ(9:00-9:54)は、

「北海道メシ物語・・・スープカレー&ジンギスカン&石狩鍋誕生の秘密を探る!!」

これは北海道と北海道のんまいものを愛する者としては、要チェックです♪

ただ、さっそく『出雲の阿国』(9:15-10:00)とかぶってます...。

阿国を見て、金スマを録画かなぁ~

金曜時代劇 出雲の阿国

昨日(もう一昨日だぁ)たまたまチャンネルを変えてたら、見つけちゃいました。

金曜時代劇 出雲の阿国

音尾君が以前出演していた『馬の骨』と同じ枠です。

そして、木の実ナナさんが、舞台で何度も再演されているお話です。


故郷・出雲をあとにして、阿国 (菊川怜)たちの一行は大坂へ出稼ぎにやってきた。
神事でにぎわう天満宮の境内で憑かれたように踊る阿国を、
秀吉の側近・梅庵 (織本順吉)が見出す。
梅庵のもとに身を寄せる鼓打ちの三九郎(堺雅人)と恋に落ちる阿国。
秘すべき恋の苦しみに身を焼かれながら、
阿国は出雲に帰らないことを決意し、三九郎のかたわらで踊る。
それは、恋に生き、踊りに生きた、阿国の人生の旅の始まりだった…。

≪NHKさんHP 金曜時代劇 出雲の阿国より引用≫



私が以前図書館通いをしていた頃、たまたま原作の『出雲の阿国』を読んだんです。

本は結構読むほうなんですが、記憶にちゃんと残ってる本って少なんです。

ただ私は、この主人公阿国と同じ出雲の出身で、同じように大阪に出てきているので、

なんだか勝手に親近感を感じて、ばっちり記憶に残るほど楽しく読みました。

読み始めの方で、出雲弁がバンバン出てきて、うれしかったんですよね~

それで弾みがついて、どんどん話しに引き込まれていったんです。

知らない人が読むよりきっと倍は楽しんだと思うなぁ。

っていうか、出雲弁を知らないで読んでる人には、私が読んであげたいくらい。


で、そんな私が観た『金曜時代劇 出雲の阿国』の第1話の感想は、「ちょっと残念」でした。

出雲弁がじぇんじぇん使われてな~い。

もっとじゃんじゃん使って欲しいなぁ。

じゃないと、島根の田舎から出てきた旅役者な感じがしないものぉ

なんだかね、標準語ベースで、ちょっと関西弁、ちょっぴり出雲弁だもの。

違うの、違うのぉ~ (>_<)

菊川怜ちゃんには、もっとずーずー話して欲しいのぉ~

もう、この欲求不満は、もう一度原作を読むに限るわぁ


...でもきっと、気になって、来週も見ちゃうんだろうなぁ~

400年前の女性を取り巻く環境や、阿国の生き方や考え方が、

どんな風に表現されるのか、原作を思いつつ、しっかり見届けたいと思います。


出雲の阿国 上 改版   中公文庫 あ 32-8
出雲の阿国 上 改版 中公文庫 あ 32-8
有吉 佐和子
日捲りカレンダー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。