スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

んまいっ!~柿の種~

20050628211831
森崎さんや大泉さんの、食に対する尽きることのない探求心と行動力、そして大きな胃袋を尊敬してやまない私。
そんな2人を目指して、私が今までに出会ったたくさんの美味しい♪をここに記録しておくことにします。

1回目は地味めに『柿の種』

浪花屋製菓株式会社 【元祖 柿の種】
1缶 210g入り 680円 (進物縦缶)
※ネット販売では500円です(送料別途・消費税込)
本社:新潟県長岡市摂田屋町

つい最近まで特に何のこだわりもなく、いえ、どちらかといえば興味の対象外にあった柿の種。
きっかけは小さい頃からこの柿の種を食べて育った同僚。柿の種についてあまりにも熱く熱く語るものだから、つい単純で美味しい物好きな私は、あっさりただの柿の種に昼食(社員食堂)2日分も払ってしまいました。

家に帰って早速袋を開けると、まぁかわいいデザインの缶じゃないですかぁ☆第一印象は○。
さて缶の上蓋をスプーンの柄で「ぱかっ」と開けると、湿気対策にぬかりのない浪花屋さんは、さらに厳重にチャック付の袋に入れて、いつでも「カリッ」とかろやかな歯応えを楽しめるようにして下さってます。(感謝!)この「カリッ」が柿の種の命です。

ただ最初の一口を食べた感想は「ふ~ん」ってなもんで、ちょっと上等のおかきという感じ。
それが、次の日家に帰ると、すぐにあのかわいいデザインの缶に手にが伸びちゃう。
じわじわっと、まるでスープカレーのように毎日食べたくなっちゃう。
しかも「今日はここまで!」と自分に言い聞かせて、厳重に2重のふたをしたにもかかわらず、
いつの間にかまたスプーンの柄で上蓋を「ぱかっ」と開け、チャックを開けてつまんでしまう。
同僚は油断すると210g入りのこの缶を1日で平らげてしまう程大好きだそうで、家にはこのかわいい缶がごろごろ。乾燥ワカメなど乾物を入れるのに重宝してるらしい。

さらに上級者の別の同僚は、ヨーグルトなんかを入れる中位の器に柿の種を入れ、大きいスプーンで食べるらしい。試してみたら手も汚れないしなかなか良い感じ♪

この浪花屋さんの『元祖柿の種』は、本物はこうなんだぁ~と、すっかり通の気分になれる一品。
聞くところによると、関東地方では新幹線の影響か結構知られているらしく、大阪ではまだおいてるお店は限られてます。そんなに調べてないけど...
ちなみに私は梅田JR大阪駅のとこにあるイカリスーパーで買ってます。

なおピーナツは入っていない、純粋な柿の種です。
「ピーよりも柿よ!」という方には、ちょっと高いけど1度は食べてみて欲しい。

...いつの間にか、すっかり私も、柿の種について熱く語るひとになりました(^-^)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日捲りカレンダー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。